2018年4月12日木曜日

アラスカ、 マクニール・リバー野生動物保護区④(McNeil River State Game Sanctuary)-クマの親子


 グリズリー・ベアの撮影のために、マクニール・リバーを訪れた。アラスカは夏の真っ盛り、川いっぱいに遡上してくるサケを求めて集まる巨大なクマたちの繰り広げる自然のドラマは興味深いけれど、今回は滝から少し離れて、マクニール・リバーの河口付近に集まるクマの親子たちにスポットライトを当ててみたい。

 数年にわたる長旅を終え、生まれ故郷のマクニール川に再び戻ってきたサケたちは、産卵に向けて川を登る。河口に広がる浅瀬を通って、急流に挑む。マクニール河口の浅瀬は、子グマを連れた母グマとまだ若いクマたちにとって最適なのフィッシング・スポットだ。

 サケの遡上のピークシーズンの真っただ中、この浅瀬にも複数の親子グマたち、まだ若い小柄なクマたちがたくさん集まって、それぞれの方法でサケを獲っていた。まだ幼い子熊を連れた母親は、子熊たちを崖下の岸に残して、獲物を追って水しぶきを上げていた。子熊たちはまだまだ遊び盛りだ。

もう一組の親子グマが近づいて来た頃から状況が一変。警戒した母グマは2頭の子熊を率いて、私たちのいる崖のほうに歩きだした。避けようにも、崖と水辺の間には、ほんの数メートルの岸があるだけ。親子グマたちはこちらに早足で向かって来る。動くな、というガイドの指示通り崖に凍り付く私たちの横目に、小型車ほどもある母グマが何事もないように通り過ぎていく。子熊1頭がこちらに興味を持って近づいてきたところを、ガイドがシッシッと追い払った。親子はそのまま湿原の中に消えていった…。

 別のクマ一家。こちらは3頭の幼い子熊を連れていた。

 この浅瀬の岸辺を歩いてマクニール・リバー滝に向かうため、この親子グマたちには滞在中毎日のように遭遇した。捕らえたサケをくわえて岸辺に向かう母親のもとに集まる子熊たち。さすがは成長盛り、ほんの数分で見事に平らげてしまった。

 すぐにも次の獲物を求める母グマをしり目に、子熊たちは遊びを再開。絶好の撮影チャンスだけど、逆光には泣かされた…。

こちらは草むらで遊ぶ別のクマ一家。

滝でサケを捕るクマたちの豪快なアクションもいいけど、個人的には子熊たちの撮影が好きだ。

次回は、再びマクニール・リバー滝より、巨大なクマたちの闘争シーンを掲載予定。2,3週間後にまたチェックしてください。

2018年3月11日日曜日

アラスカ、 マクニール・リバー野生動物保護区③(McNeil River State Game Sanctuary)-サケを食べるヒグマ


前回のブログからの続きで、今回もアラスカ、マクニール・リバー野生動物保護区から、川を遡上するサケを求めて集まるグリズリー・ベアの写真を紹介します。(といっても、前回の記事からかなり時間が経ってしまったが…)

アラスカの短い夏の間、動植物は生命に満ち溢れる。白夜の長い日照時間の下、植物はぐんぐん成長し、冬眠から目覚めた動物たちはひたすら食べ続け、子孫を残し、再び訪れる長い冬に向けて備える。アラスカ南西部のマクニール川には、サケの獲物を求めて数十頭にも及ぶ巨大なクマたちが集まってくる。産卵のため生まれ故郷の川いっぱいに上ってくるサケたちは、急流が続くマクニール・リバー滝を乗りえるために、一時的にスローダウンする。そこで待ち構えているクマ達は、次から次へとサケのごちそうにありつく。これだけたくさんのクマたちが一堂に集まる場所は世界でも大変珍しくい。

この短いサケの遡上のシーズンの間に、クマたちは1日に20匹を超えるサケを捕食する。長い冬眠生活に向けて、栄養分を蓄えておくために、必至だ。10頭を超えるクマたちが滝周辺に集まり、それぞれのスタイルでサケを捕まえるのだけれど(前回のブログを参照)、捕らえた後の食べ方にもまた個性があって面白い。

ほとんどのクマたちは、捕まえたサケを岸部まで運んで摂食する。このハンサムなクマは体から水を振り払うと浅瀬にて寝ころび、長い爪でサケを押さえつけて、皮をはぎ取る。次に頭をかみ砕き、栄養分の高い卵‐イクラをむさぼる。このクマは時間をかけて、獲物を楽しんで食べていた。

このクマは獲物を捕るとまた同じ場所に戻ってきて、カメラの前でおいしそうに食べることを数回くりかえす。このクマを見ていると、2006年の夏に、カトマイ国立公園にて撮影した ‶Feast Time″を思い出した。(興味があったら、このリンクで見てください)

川の中ほどにあるこの岩は、‶クマの食卓″として常に数頭のクマたちが、獲物を持ち寄って食べる場所になっていた。食事中のクマたちから少し離れた場所で、食べ残しを待つクマ、奇声を上げながら頭上を舞うカモメ…。

真夏の太陽の下、水浴を楽しみながらのんびりと食事をするクマ。

捕らえたサケを急いで丘の上まで運ぶまだ小柄な若いクマ。弱肉強食の世界では、体格のいい優性のクマが、弱者から獲物を奪い取るということもしばしばある。

サケを捕らえた場所を動かずに食べるタフなクマ。急流の中、もがく魚を前足一本で抑えつけ、大急ぎで食べると、再び獲物を追う。なわばりを守りつつ、時間を無駄にしない。

マクニール・リバーにやってくるクマたちは皆サケをとるのがうまいかと思うとそうでもない…。中には、残り物あさり専門家もいる。捕った魚をおいしそうに食べるクマに近寄り、じっと見つめ続けるこのクマ。じりじりと近寄り、ひたすら食べ終わるのを待つ。無視して食べ続けるクマ、居心地が悪くなって食べかけで移動するクマなど、性格が垣間見える。

マクニール・リバーで過ごした4日間は、アラスカ南西部では珍しいほどの晴天に恵まれた。氷河から溶け出したマクニール・リバーは太陽の下で青緑色に輝き、撮影に最適のはずなのだが…、滝にたどり着くころには太陽が頭上高くまで登り、光と影のコントラストが強すぎた。強い日差しの下、クマの目のあるくぼみ部分は陰になってしまう。後ほど、多少の調節はできるものの、本来野生動物の撮影には早朝と夕暮れ、あるいは曇り空が好ましい。とはいえ、マクニール・リバー野生動物保護区をピーク時に訪れ、撮影をするという貴重な体験をさせてもらった。

数千枚にも及ぶ写真の中から厳選し、編集作業続行中。次回もまた、マクニール・リバー野生動物保護区より、野生に生きるグリズリー・ベアたちの写真を紹介させていただきます。

2017年11月5日日曜日

アラスカ、 マクニール・リバー野生動物保護区(McNeil River State Game Sanctuary)➁-サケを獲るヒグマ


7月下旬、アラスカ、 マクニール・リバー野生動物保護区に滞在し、サケを獲るヒグマの撮影を行った。この短い夏の数週間、サケ(チャム・サーモン)が産卵のために生まれ故郷のマクニール川に戻ってくる。そのサケのごちそうを求めて、数多くのヒグマたちがこの川沿いに集合するのだ。川いっぱいのサケたちは、急流の段差が続くマクニール・リバー滝で、泳ぐ速度が急激に落ちてしまう。待ち受けたヒグマたちが、その瞬間を狙いごちそうにありつく。滝の周辺は特等席だから、体の大きい雄のクマたちが常にそこに居座っている。十数頭の巨グマたちがひしめき合う風景は、かなりの迫力ものだ。

 サケを獲るとひとくちに言っても、クマたちそれぞれのスタイルがある。滝の上に立って、サケがジャンプしてくる瞬間を狙うクマたち。渾身の力を振り絞って、滝を登ったサケたちを待ち受けるのはおなかをすかしたクマ、サケにしてみればなんて絶望的なんだろう。

 この紅一点の雌グマは、毎日このお気に入りの急流に立って、流れを登ってくるサケに狙いを定める。サケが近くを通った瞬間、素早い動きでサケを捕まえる。彼女のテクニックはなかなかのもので、周りのどの雄グマよりも成功率が高かった。

数頭の巨グマたちが、水しぶきを浴びながらサケの通るタイミングを待つ…。

このクマは、三本の足で急流に立ち、後肢一本を岩に立てかけて、サケを待つ。サケが通るタイミングを見計らって、岩をけり、加速をつけて飛び込む…のだが失敗に終わった…。

 滝に集まるヒグマたちの大半は辛抱強く待つことで、近くを泳ぐサケを捕らえるのだけど、この若いクマは、活発にサケを追いかけている。下流の深みに集まるサケに狙いをつけて、勢いよくジャンプ。豪快に水しぶきを上げてダイブを繰り返すけれど、なかなかうまくいかない…。それでも、水を振り払い、ジャンプを繰り返す。体力の無駄遣いのように見える。何度もトライして、やっとサケを捕まえた。

ユニークなのが、この〝スノーケリング″スタイル。

この、体に大きな傷のあるひときわ巨体のクマは、急流の波にもまれながらひたすら待ち続ける。長い時間、川を凝視して、タイミングを狙っている。突然、川に潜り、サケを加えて浮上。クマたちのほとんどが、撮った魚を浅瀬や陸に持っていって食べるのだけど、この巨グマはそのまま波にもまれながら食べ、またすぐに次を狙う。なかなか腕が良く、次々に獲物を捕らえていた。

長年のテーマの一つとして、野生のクマの撮影を行っていて、今までにいくつかのクマの集まる場所を訪れているけれど、このマクニール・リバーに勝るところは他にないだろう。

現在、数千枚にも及ぶ写真の編集作業の真っただ中。これからも少しづつ、マクニール・リバーからのクマの写真を紹介していく予定だから、どうぞよろしく!


2017年9月30日土曜日

アラスカ、 マクニール・リバー野生動物保護区(McNeil River State Game Sanctuary)


自然写真を撮り始めたころから、野生に生きるクマの撮影には情熱を持ち続けていた。これまでにクマの集まる国立公園などを数か所訪れて撮影をしてきたけれど、アラスカのマクニール・リバー野生動物保護区は何といってもナンバーワンだ。

マクニール・リバー野生動物保護区はアラスカ州南西、アリューシャン山脈沿いの未開の原野に位置する。クマの集まる滝として最も有名なカトマイ国立公園の北に隣接し、サケの遡上する 7月から8月には、80頭にも及ぶヒグマ(ブラウン・ベア、又はグリズリー)がマクニール川沿いに集まってくる。マクニール川一帯は1967年より野生動物保護区に指定され、狩猟が禁止されている。観光化されたカトマイ国立公園とは違い、マクニール・リバー野生動物保護区は滞在者を1日10名までに限定し、4日間区切りで許可書を出している。この許可書を獲るのが大変難しい。

 7月の下旬、マクニール・リバー野生動物保護区に到着。アラスカの原野ではよくあることだけど、マクニール・リバー野生動物保護区には道路が通じておらず、対岸のキナイ半島から、小型機をチャーターして海を越えることになる。小型機で約1時間半、満潮時のマクニール湾に水上着陸、空からも川沿いに集まるクマたちが見えた。

クマの集まる観察スポット、マクニール滝までは、キャンプ拠点から約3キロ歩く。レンジャー・ガイドに引率され、川を渡り、草原を越えて、マックニール滝まで通った。私たち”滞在者”はキャンプの外に個人で出ることは固く禁止されていて、ガイドの後について、10人一塊になって歩く。クマの目には、個人の人間というよりも、1匹の大きな動物として映るのだ。夏の間、この大きな動物を見慣れているクマたちは、私たちの存在を無視し各自が普通通りの行動を続ける。マクニール湾の浅瀬にはこの時期子グマを連れた母グマが集まっていて、彼らの通過を待つことが度々、滝への3キロの道のりが2時間から4時間もかかった。

ついにマクニール滝に到着。丘の上から初めて滝を見下ろすと、約20頭にも及ぶ巨グマたちが、一堂に集まってサケを獲っている風景は圧巻だった。

グループは半分に分けられ、上下2つある”見学スポット”にひと塊に座って見学する。下のスポットは滝にやってくるクマたちが間近を横切るので、最初は冷や汗ものだった。ちなみに場所は途中で交代する。大型車ほどもある巨大グマが手の届きそうな距離までやってくるけれど、マクニール・リバー野生動物保護区ではクマの観察のプログラムが始まって以来、50年間一度も事故は起こっていないのだ。厳しいルールを守ることによって、クマたちと見学者は一時的に共存している。

 川いっぱいに登ってくるサケを求めて、クマたちは活発に動き回っていた。

獲ったサケを食べると、また川に戻り次を狙う。複数のクマたちが、同時にアクションを繰り広げるから、どのクマを撮影しようかというぜいたくな問題に悩むことになる。

 クマ同士の争いも後を絶たず…。

マクニール滝のフィッシング・スポットは巨大な雄グマの力争いの場。まだ若いクマたちや、子熊を連れた母グマたちは競争率の低い河口や湾沿いに集まっていた。母グマが湾の浅瀬で獲物を追いかけている間、子グマたちは岸辺で遊んだり昼寝をしていた。滝への往復の途中に、立ち止まりクマの一家を撮影することもしばしば。兄弟同士で遊ぶ子グマたちを間近で見ることができたのは、この旅でのボーナスとなった。

マクニール滝での4日間、撮影した写真は数千枚…。ダウンロードして、選出するだけのプロセスに1か月以上もかかった。編集作業を始めてすでにひと月が過ぎたけれど、まだまだこれから数か月コンピューターに向かうことになるだろう。これから少しづつブログに掲載していく予定なので、気長にお待ちください。