2017年11月5日日曜日

アラスカ、 マクニール・リバー野生動物保護区(McNeil River State Game Sanctuary)-サケを獲るヒグマ


7月下旬、アラスカ、 マクニール・リバー野生動物保護区に滞在し、サケを獲るヒグマの撮影を行った。この短い夏の数週間、サケ(チャム・サーモン)が産卵のために生まれ故郷のマクニール川に戻ってくる。そのサケのごちそうを求めて、数多くのヒグマたちがこの川沿いに集合するのだ。川いっぱいのサケたちは、急流の段差が続くマクニール・リバー滝で、泳ぐ速度が急激に落ちてしまう。待ち受けたヒグマたちが、その瞬間を狙いごちそうにありつく。滝の周辺は特等席だから、体の大きい雄のクマたちが常にそこに居座っている。十数頭の巨グマたちがひしめき合う風景は、かなりの迫力ものだ。

 サケを獲るとひとくちに言っても、クマたちそれぞれのスタイルがある。滝の上に立って、サケがジャンプしてくる瞬間を狙うクマたち。渾身の力を振り絞って、滝を登ったサケたちを待ち受けるのはおなかをすかしたクマ、サケにしてみればなんて絶望的なんだろう。

 この紅一点の雌グマは、毎日このお気に入りの急流に立って、流れを登ってくるサケに狙いを定める。サケが近くを通った瞬間、素早い動きでサケを捕まえる。彼女のテクニックはなかなかのもので、周りのどの雄グマよりも成功率が高かった。

数頭の巨グマたちが、水しぶきを浴びながらサケの通るタイミングを待つ…。

このクマは、三本の足で急流に立ち、後肢一本を岩に立てかけて、サケを待つ。サケが通るタイミングを見計らって、岩をけり、加速をつけて飛び込む…のだが失敗に終わった…。

 滝に集まるヒグマたちの大半は辛抱強く待つことで、近くを泳ぐサケを捕らえるのだけど、この若いクマは、活発にサケを追いかけている。下流の深みに集まるサケに狙いをつけて、勢いよくジャンプ。豪快に水しぶきを上げてダイブを繰り返すけれど、なかなかうまくいかない…。それでも、水を振り払い、ジャンプを繰り返す。体力の無駄遣いのように見える。何度もトライして、やっとサケを捕まえた。
 
ユニークなのが、この〝スノーケリング″スタイル。

この、体に大きな傷のあるひときわ巨体のクマは、急流の波にもまれながらひたすら待ち続ける。長い時間、川を凝視して、タイミングを狙っている。突然、川に潜り、サケを加えて浮上。クマたちのほとんどが、撮った魚を浅瀬や陸に持っていって食べるのだけど、この巨グマはそのまま波にもまれながら食べ、またすぐに次を狙う。なかなか腕が良く、次々に獲物を捕らえていた。

長年のテーマの一つとして、野生のクマの撮影を行っていて、今までにいくつかのクマの集まる場所を訪れているけれど、このマクニール・リバーに勝るところは他にないだろう。

現在、数千枚にも及ぶ写真の編集作業の真っただ中。これからも少しづつ、マクニール・リバーからのクマの写真を紹介していく予定だから、どうぞよろしく!